社労士の勉強法についてはこんなページがあります。

社労士の勉強はほぼ暗記

管理人

社労士試験の最大の難関は「記憶が長続きするか」といっても良いでしょう。

学習した端から忘れていては、合格はおぼつきません。試験では数字をズバリ答えなければならない場面に数多く遭遇します。正確な知識がなければ、結局試験を受けてもヤマ感ばかりになってしまうことでしょう。試験では正確な知識だけが頼りです。

続きを読む

会社員なら普段の生活が社労士試験の勉強

会社員

社労士試験の受験生のなかには現在人事関係の仕事に従事していない方も数多くいらっしゃるでしょう。社労士資格は人事部であればその知識を活用する場面は日常的にありますが、営業部の方などはほとんど活用することはありません。

仕事で知識を使えば記憶することは簡単です。なぜなら、必要に迫られれば記憶は強化されるからです。

ここでは人事部以外に在籍している方が社労士試験に向けて記憶を強化する方法を書いていきます。
続きを読む

社労士の資格を独学で取得する

勉強を挫折するイラスト

社労士の資格を、独学で目指すことは可能でしょうか?結論から言うと可能です。

社労士は、難易度もAクラス、例年の合格率も9%前後ですし、難しい試験であることは確かですが、受験資格さえクリアしていれば特定のスクールや講習を受けなくても受験できるという意味では独学でも資格は取得できます。強い意志を持ち続け、しっかりとした学習計画を立てれば、独学で資格取得を目指すのも夢ではありません。

続きを読む

社労士の資格を通信講座で取得する

通信講座のイラスト

当サイトは社労士の通信講座比較サイトです。もちろん社会保険労務士の資格を取得するための勉強方法として、通信講座での学習はもおすすめしています。

合格までには約800~1000時間の学習時間が必要だと言われている社労士試験ですが、その長い時間どのような学習をしても合格できるというわけではありません。自分で良いテキスト教材や問題集を選び、合格までの力を付けるための学習計画を立てるのも結構大変です。通信講座なら、最初からカリキュラムは出来あがっているので、それに沿って学習すれば合格できるレベルに達することができますので安心して学習が進められるという利点はあります。

続きを読む

社労士をスクール、教室で取得するメリット

スクールイラスト

社会保険労務士の資格取得を目指すにあたり、その難易度から独学では自信がないという人も多いことでしょう。スクールに通えば強制的に勉強する習慣がつきますし、学習方法としては合格までの最短コースになるはずです。

社労士は、難易度Aと位置づけられている国家資格で、合格率も例年8%前後と難しい試験になります。学習時間も合格するまでに一般的に800~1000時間は必要だと言われています。相当強い意志がなければ、独学だと挫折してしまいがちです。スクールでの学習を選択すれば、定期的にスクールに行くことで学習の習慣づけができます。

続きを読む