社労士の給料はどうか

お金で迷うイラスト

社労士の給料は一体どのくらいなのでしょうか?

社会保険労務士は、「開業」と「勤務」の二つの働き方があります。現在、日本には3万人を超える社労士が存在しますが、そのうちの3分の2の社労士が「開業」社労士、3分の1が「勤務」社労士として働いています。特に女性の社労士はリスクも少ない「勤務」形態で活躍しています。

条件によってだいぶ違う

給料をもらうイラスト

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」のデータによりますと、平成22年度の社労士の男性の平均年収(ボーナス込)は760万円、平均月収が40万円、ボーナスが280万円、時給に換算すると2,410円というデータが出ています。サラリーマンの平均年収が500万円くらいなので、社労士は高い給料だと言えます。

社会保険労務士しか行えない独占業務は、顧客をつかみさえすれば安定した収入(400万円~800万円くらい)が得られるようですが、どの業種にも言えることですが、年収には条件によって随分と幅があるのが実状でしょう。

資格取得だけではだめ?

管理人

大手企業などは、社内にそれらの担当部署を設け社内で手続きを済ませてしまっていたり、中小企業に関してはすでに顧問の先輩社会保険労務士が雇われていたりするので、新規参入が難しいということあります。開業から数年間は、年収が100万円台という社会保険労務士もいるというのが現状です。

年収が1000万円を超えるという社労士もごくまれにいます。年収を上げるためには、税理士や司法書士などの資格も併せて取り、業務分野を広げたり、コンサルティング業務で新規開拓するなどの努力も必要です。