社労士の独立型?会社員型?

独立か悩む

社労士資格を取得するとどのような未来が待っているのでしょうか? 社労士資格取得者のモデルパターンをいくつかまとめてみました。大きく分けると、独立型、会社員型の2パターンに分かれます。

ここではそれぞれの働き方などを解説します。

独立社労士に必要なのは専門領域

独立社労士

「開業」社労士の報酬には顧問報酬と手続報酬、労務管理報酬などがありますが、中でも顧問報酬が多くの割合を占めます。なので、顧問する契約会社が増えるごとに、毎月の固定収入がそれだけ増えます。そのため、本人の営業努力次第で、何社顧問契約を持つことができるかによって、年収に大きな差が出てきます。

社労士の中でも手続きを得意とする社労士、人事制度構築支援で活躍する社労士、教育訓練に強みを持つ社労士など「自分のやりたい領域、得意な領域」を実践していくことでその価値を顧客に認めてもらい、顧客を開拓していくことが重要です。

専門領域があればそういった経営者にも自分にしかできない話ができ、説得力が高まるでしょう。専門領域をフックに顧客を開拓していく、その専門領域をさらに深耕していく、そのような気概を持つ方は独立してもうまくやっていけるでしょう。

「勤務」社労士の場合

会社員

社労士資格を取得したからといって必ずしも独立する必要はありません。社労士資格は会社員として働くにも有望な資格です。人事部の方は資格が有用だとすぐに実感できると思いますが、他部署にいる方はそうはいかないように思えます。

しかし社労士の資格取得後、人事部への異動を積極的に働きかけ、勤務している方も大勢います。

「勤務」社労士のメリットとしては、給与制ですので、顧客が取れずに不安定というような事がない点です。その代りどんなに結果を残しても急に給与が上がる事は少ないというデメリットもあります。