社労士の資格取得勉強スタイル

社労士の勉強を始める切っ掛け
社労士通信講座比較トップへ ≫ スクール講座に通学する

社労士をスクール、教室で取得するメリット

スクールイラスト

社会保険労務士の資格取得を目指すにあたり、その難易度から独学では自信がないという人も多いことでしょう。スクールに通えば強制的に勉強する習慣がつきますし、学習方法としては合格までの最短コースになるはずです。

社労士は、難易度Aと位置づけられている国家資格で、合格率も例年8%前後と難しい試験になります。学習時間も合格するまでに一般的に800~1000時間は必要だと言われています。相当強い意志がなければ、独学だと挫折してしまいがちです。スクールでの学習を選択すれば、定期的にスクールに行くことで学習の習慣づけができます。

勉強する環境としては最高

がんばるイラスト

独学や通信講座を通して一人で勉強する場合、つい怠けてしまったり、挫折しがちになりますが、スクールに通えば、同じ目標に向けて頑張っている仲間がいるので、自分も頑張ろうという刺激にもなります。この刺激こそが、やる気を維持してくれるものとなるでしょう。

講師の授業を直接受ける事ができ、分からない所があればその場で教えてもらうことができるのが通学講座のメリットの一つです。授業を受けて学習するのが一番習得効果が高く、それに加えて予習・復習することで、効率よく合格までのレベルにもっていくことができます。

デメリットは?

困る管理人のイラスト

通学講座は一番合格率も高まるという大きな魅力はありますが、他の学習方法に比べると費用は割高ですし、決まった時間にスクールに通うという時間的な束縛があります。

費用については、だいたい20万円近くするところが多いようです。資金的に余裕があれば良いですが、なかなか高い金額ではあります。逆に、高い金額を払えば、何が何でも合格するぞというやる気も出てくるかもしれません。

社会人で仕事が忙しく残業も多々ある人や、小さな子供がいる主婦の人など、時間的余裕がない人にとってはスクールに定期的に通うのは難しいかもしれません。また、家の近くに学校がない場合、何時間もかけて通学するのは時間的にも体力的にも難しいかもしれません。通学を選ぶからには、通い通すことが前提です。まず最初に、通える環境にあるのかどうか検討する必要があるでしょう。

フォーサイト ユーキャン エルエー
社労士Q&A| 管理人| リンク集| サイトマップ