社労士通信講座比較トップへ ≫ 独学で取得する

社労士の資格を独学で取得する

勉強を挫折するイラスト

社労士の資格を、独学で目指すことは可能でしょうか?

社労士は、難易度もAクラス、例年の合格率も9%前後ですし、難しい試験であることは確かですので、通学や通信講座を利用している人の方が多いようです。しかし、強い意志を持ち続け、しっかりとした学習計画を立てれば、独学で資格取得を目指すのも夢ではありません。

費用が安い

お金で悩むイラスト

独学で勉強すれば、市販のテキストや問題集代くらいで済みますので費用は随分抑えることができます。最悪、1回目の試験で不合格となり、合格を諦めてしまった場合でも、投資したお金を最小限に抑えることはできます。スクールですと費用は数十万となります。もし独学で合格できるならそのぶんが浮くと考える事もできます。

時間が自由

忙しい人にとっても独学は一番自分の生活スタイルに合わせて勉強を進めることができる学習方法でしょう。働いている人、家事に追われている人など忙しい人が、スクールに通うとなると、通学時間も考えなければなりませんし、時間に縛られてやっていけないかもしれません。独学だと、会社から帰った後の寝る前とか、家事の合間など、自分の好きな時に学習をすることができます。工夫して時間を使うことが可能です。

でも合格は難しいかも

管理人

社労士の試験範囲は8科目と量が多く、合格までの学習時間も800~1000時間は必要であると言われています。独学で空いた時間にすれば良いという他の検定試験などと一緒に考えていたら、なかなか合格は厳しいでしょう。毎日1時間学習しても3年かかってしまうので、毎日の学習時間を増やしたり、週末はみっちり学習に励むなどして、短期間で合格できるような計画を立てた方が得策と言えるでしょう。モチベーションを長く維持することは難しいからです。

また、独学だと、学習のコツがつかめなかったり、分からない所があっても質問ができなかったりと効率は悪くなりますし、孤独感を感じてしまうこともあるでしょう。

独学にはメリット・デメリットが存在しますが、短期間で合格を目指すのであれば、通信講座やスクールに通うことを検討した方が早道ではあります。独学の最大のメリットである費用が掛からない点についても実は通信や通学で短期で合格してしまったほうが、早く社労士として働ける点を考えるとあまりメリットとは言えないかもしれません。

フォーサイト たのまな ユーキャン