社労士通信講座比較トップへ ≫ 独学・通信・スクール

社労士の資格を独学で取得する

勉強を挫折するイラスト

社労士の資格を、独学で目指すことは可能でしょうか?結論から言うと可能です。

社労士は、難易度もAクラス、例年の合格率も9%前後ですし、難しい試験であることは確かですが、受験資格さえクリアしていれば特定のスクールや講習を受けなくても受験できるという意味では独学でも資格は取得できます。強い意志を持ち続け、しっかりとした学習計画を立てれば、独学で資格取得を目指すのも夢ではありません。

独学のメリットは?

お金で悩むイラスト

独学で勉強すれば、市販のテキストや問題集代くらいで済みますので費用は随分抑えることができます。スクールや通信講座ですと費用は数十万にもなります。もし独学で合格できるならそのぶんが浮くと考える事もできます。

また忙しい人にとって独学はいつでも自分のペースで勉強できるというメリットもあります。働いている人、家事に追われている人など忙しい人が、スクールに通うとなると、通学時間も考えなければなりません。独学は自分の好きな時に学習をすることができます。

でも合格は難しい?

社労士の試験範囲は8科目と量が多く、合格までの学習時間も800~1000時間は必要であると言われています。毎日1時間学習しても3年かかってしまうので、毎日の学習時間を増やしたり、週末はみっちり学習に励むなどして、短期間で合格できるような計画を立てた方が得策と言えるでしょう。

また、独学だと、学習のコツがつかめなかったり、分からない所があっても質問ができなかったりと効率は悪くなりますし、一人で勉強していると孤独感を感じてしまうこともあるでしょう。

独学にはメリット・デメリットが存在しますが、短期間で合格を目指すのであれば、通信講座やスクールに通うことを検討した方が早道ではあります。独学の最大のメリットである費用が掛からない点についても実は通信や通学で短期で合格してしまったほうが、早く社労士として働ける点を考えるとあまりメリットとは言えないかもしれません。

社労士の資格を通信講座で取得するメリット

通信講座のイラスト

当サイトは社労士の通信講座比較サイトです。もちろん社会保険労務士の資格を取得するための勉強方法として、通信講座での学習はもおすすめしています。

合格までには約800~1000時間の学習時間が必要だと言われている社労士試験ですが、その長い時間どのような学習をしても合格できるというわけではありません。自分で良いテキスト教材や問題集を選び、合格までの力を付けるための学習計画を立てるのも結構大変です。通信講座なら、最初からカリキュラムは出来あがっているので、それに沿って学習すれば合格できるレベルに達することができますので安心して学習が進められるという利点はあります。

好きな時間に勉強できるし安い

社会人などで時間がない人にとっては特に通信講座は最適です。当然、決まった時間に定期的に学校に通う時間もないでしょうし、独学で非効率的に学習をするよりも、通信講座で効率的に学習を進めていった方が、短期間で合格できるでしょう。通信講座ならば、帰宅後少しづつ学習をし、週末には長い時間かけて学習するなど、自分で都合に合わせて好きなように時間調節しながら場所を問わず学習を進めることができるのも通信講座の魅力です。

費用に関しても通学の場合は、だいたい20万円くらいするので、通信講座は半額以下からあります。

最新情報取得とサポート

サポートのイラスト

社労士などの法律関係の資格に関しては、最新情報の取得はとても重要です。通信講座で学習した場合、情報誌などを通して、社労士に関する法律改正の情報や、出題されそうな用語などの情報も入手できます。社労士に関する法律は、頻繁に改正が行われますので改正の情報が入ってこないと試験対策もできません。法改正された点は意外に試験に出ますので重要なポイントです。

さらに、通信講座には、独学にはない質問や添削などのサポート体制が整っています。分からない所があって誰にも聞けない環境ですと挫折してしまう可能性もあります。また添削サービスなどは締切がありますので自身のペースメーカーとしても活用できます。

デメリットは?

通信講座での学習のデメリットを挙げるとしたら、学習するモチベーションを維持するのは自分次第だということです。通学や独学を選んでも同じことが言えますが、通学のように決まった時間に学校に通う時間的束縛がない代わりに、自分で学習をする習慣をつけなければなりません。合格するためには、学習を続ける強い意志が必要となります。

社労士の通信講座の比較をしたい方はこちら

社労士をスクール、教室で取得するメリット

スクールイラスト

社会保険労務士の資格取得を目指すにあたり、その難易度から独学では自信がないという人も多いことでしょう。スクールに通えば強制的に勉強する習慣がつきますし、学習方法としては合格までの最短コースになるはずです。

社労士は、難易度Aと位置づけられている国家資格で、合格率も例年8%前後と難しい試験になります。学習時間も合格するまでに一般的に800~1000時間は必要だと言われています。相当強い意志がなければ、独学だと挫折してしまいがちです。スクールでの学習を選択すれば、定期的にスクールに行くことで学習の習慣づけができます。

勉強する環境としては最高

がんばるイラスト

独学や通信講座を通して一人で勉強する場合、つい怠けてしまったり、挫折しがちになりますが、スクールに通えば、同じ目標に向けて頑張っている仲間がいるので、自分も頑張ろうという刺激にもなります。この刺激こそが、やる気を維持してくれるものとなるでしょう。

講師の授業を直接受ける事ができ、分からない所があればその場で教えてもらうことができるのが通学講座のメリットの一つです。授業を受けて学習するのが一番習得効果が高く、それに加えて予習・復習することで、効率よく合格までのレベルにもっていくことができます。

デメリットは?

通学講座は一番合格率も高まるという大きな魅力はありますが、他の学習方法に比べると費用は割高ですし、決まった時間にスクールに通うという時間的な束縛があります。

費用については、だいたい20万円近くするところが多いようです。資金的に余裕があれば良いですが、なかなか高い金額ではあります。逆に、高い金額を払えば、何が何でも合格するぞというやる気も出てくるかもしれません。

社会人で仕事が忙しく残業も多々ある人や、小さな子供がいる主婦の人など、時間的余裕がない人にとってはスクールに定期的に通うのは難しいかもしれません。また、家の近くに学校がない場合、何時間もかけて通学するのは時間的にも体力的にも難しいかもしれません。通学を選ぶからには、通い通すことが前提です。まず最初に、通える環境にあるのかどうか検討する必要があるでしょう。

  • フォーサイト
  • たのまな
  • ユーキャン