社労士とは

社労士のイラスト

社会保険労務士は、社労士と略されますが、「労働基準法」、「雇用保険法」、「健康保険法」、「国民年金法・厚生年金法」などの社会保障制度と、人事労務分野を専門とするエキスパートとして、様々な分野で活躍できる国家資格です。会社の総務・人事部などではもちろん重宝されますし、独立して労務管理アドバイザーや年金コンサルタントとして活躍することもできます。

法律と国民を結ぶ「架け橋」

管理人

社労士の仕事は本当に多岐にわたりますが、一番の役割は社会保障の各法律と国民を結ぶ「架け橋」となることです。企業が健全に発展するために、また労働者側にとっても雇用状況を良くし福祉の向上に役立てるなど、経営者と労働者の双方それぞれに働きかけます。税理士が「カネに関するエキスパート」だとすると社会保険労務士は「ヒトに関するエキスパート」ということになるでしょう。高齢化や年金不安などの社会問題により、社会的ニーズが高まっている国家資格です。

具体的な仕事内容

書類作成するイラスト

1号業務として、公共職業安定所などの行政機関に提出する書類の作成や事務手続きの代行業務を行います。会社設立時に提出する書類、従業員の入退社時に提出する書類、保険給付に関する書類、「被保険者報酬月額算定基礎届」や「被保険者賞与支払届」など定期的に提出する書類などの代行業務です。

2号業務では、企業に作成が義務付けられている帳簿書類の作成やその届け出を行います。代表的な帳簿としては、労働者名簿、賃金台帳、就業規則があります。

また1号・2号業務に関連し、3号業務として、人事や労務に関する相談や指導も行います。その会社の実情を専門的見地から分析し、企業発展のために、人事・賃金制度の設計、雇用管理に関する指導、高齢者雇用や年金などに関するコンサルティングを行い、労働条件の改善や企業の更なる活力を生み出します。

1号業務と2号業務は、社会保険労務士の独占業務となります。人事・労務コンサルティングの3号業務は、独占業務でないため、社労士資格がなくても行えますが、社労士がその知識や経験をフルに使って活躍することができる業務です。

フォーサイト たのまな ユーキャン